今注目のピアノ初歩のための導入教材!楽しみながら総合的な基礎力が身につく『ピアノ・アドヴェンチャー』

はじめてのピアノ・アドヴェンチャーのイメージピアノ練習曲 初級
スポンサーリンク

こんにちは!TeeJayです。昔に比べてピアノ初歩のための導入教材の種類も豊富になったので、各教材の特徴をよく理解して選び、生徒に合わせて上手に用いることが求められますね。今回は子供たちを飽きさせず、楽しみながら総合的な基礎力が身につく、今注目の導入教材『ピアノ・アドヴェンチャー』をご紹介します!

スポンサーリンク

『ピアノ・アドヴェンチャー』とは

子供がピアノを習うイメージ

『ピアノ・アドヴェンチャー』シリーズは、米国のナンシー&ランディー・フェイバー夫妻による新しいピアノ教本です。導入期からピアノ演奏に必要な総合力(読む・聴く・書く・弾く)を身につけられるように開発されていて、アメリカだけでなくドイツ、オランダ、中国、韓国などでも翻訳され、人気を集めています。

現在、日本語の翻訳が出ているシリーズには、4〜6歳程度の未就学児が対象の『はじめてのピアノ・アドヴェンチャー』(幼児向けシリーズ)と6歳以上の小学生が対象の『ピアノ・アドヴェンチャー』(ベーシック・シリーズ)があります。また英語版には高学年以上や成人を対象にしたシリーズもあります。(英語版のリストはこちら

スポンサーリンク

『はじめてのピアノ・アドヴェンチャー』(幼児向けシリーズ)

はじめてのピアノ・アドヴェンチャーのイメージ
はじめてのピアノ・アドヴェンチャーライティング・ブックAのイメージ

『はじめてのピアノ・アドヴェンチャー』4〜6歳の幼児向け導入教材です(3歳からの使用も可能)。A・B・Cの3つのレベルがあり、「レッスン・ブック(CD付き)」と「ライティング・ブック」を合わせて用います。キャラクターやその他の豊富なイラストは、単なる挿絵ではなく、子供たちがキャラクターと一緒になって楽しく学べるように工夫されています。

特長1:楽しく学ぶための工夫がいっぱい!
はじめてピアノに触れる子供たちが楽しい!と感じるように、遊びの要素を採り入れた歌やアクティビティが用意されています。それらは子供たちの好奇心を刺激し、子供たちが自発的に音楽に取り組むよう自然に導いてくれます。例えば、最初に鍵盤に親しむためのレッスンの様子をご覧ください。

(from: 全音楽譜出版社)

特長2:初歩のうちから総合的な基礎力をしっかり身につけられる!
楽しく学ぶだけでなく、最初のうちからピアノ演奏に必要なことを総合的にしっかり教えるのがこの教本の良いところです。正しい手の形や動かし方、基礎の楽典など導入期におろそかになりやすい部分もしっかりカバーし、即興などにより創造力や豊かな感受性も育めるように工夫されています。

特長3:多様な音楽ジャンルに触れて、音楽性を高められる!
次世代の子供たちには、幼い頃から多様なジャンルの音楽に触れてほしいものですね。しかし、アメリカ系の教材だとブルースやブギウギなどあまり馴染みのないジャンルが多いと感じる方もいらっしゃると思います。この教本では、クラッシックの名曲や世界の民謡、ジャズなどがバランス良く取り上げられています。

特長4:付属のCDがすばらしい!
各レッスン・ブックには著者の監修のもと、すべて日本語で録音されたCDが付いています。CDを活用することにより、子供たちはより幅広い音楽体験ができ、レッスンの質が向上します。CDの内容については次の紹介動画をご覧ください(付属CDを視聴できるページはこちら)。

(from: 全音楽譜出版社)

スポンサーリンク

『ピアノ・アドヴェンチャー』(ベーシック・シリーズ)

ピアノ・アドヴェンチャーレッスンセオリーレベル1
ピアノ・アドヴェンチャーテクニック1

『ピアノ・アドヴェンチャー』(ベーシック・シリーズ)は、6歳以上(5歳からも使用可能)を対象とした導入用教材です。導入書と1、2A、2B、3、4&5の6段階のレベルがあり、『はじめてのピアノ・アドヴェンチャー』ブックCを修了した生徒は、導入書を飛ばしてレベル1へ進みます。テキストは2種類が一組になっていて、「レッスン&セオリー」で学んだことを「テクニック&パフォーマンス」で練習し実践できるようになっています(こちらの公式ページでテキストのサンプルが見られます)。

ベーシック・シリーズも幼児向けシリーズと同様の特長(楽しく学ぶための工夫、初歩のうちから総合的な基礎力がつく、多様な音楽ジャンル、付属CD)を備えていて、結構最初から基礎の楽典をしっかり学び、楽しみながらピアノを弾くための総合的な基礎力が身につくように工夫されています。ベーシック・シリーズを終えると、ブルグミュラー25番後半程度のレベルになります。

スポンサーリンク

『ピアノ・アドヴェンチャー』を効果的に活用しよう

『ピアノ・アドヴェンチャー』シリーズは、子供たちが楽しく、そしてしっかりとピアノを学べるよう工夫された優れた教材ですが、指導者が以前の教え方のままでは効果は半減してしまいます。アメリカ発の教材なのでアメリカ人のピアノの先生を少しイメージしてみましょう(アメリカ人の先生が皆同じではありませんが)。

リラックスした雰囲気:最近はそれほどでもないですが、昔のピアノレッスンと言えばぴんと張り詰めたような空気のように、生徒を緊張させる雰囲気がありました。でも、子供が楽しみながら自発的に学ぶには、子供がリラックスできる雰囲気作りが大切です。

よく褒める:アメリカ人の先生は大概よく褒めてくれます。子供は褒められるともっと頑張ろうと思うものです。もちろんただ褒めるだけではピアノのスキルは伸びないので、アドバイスは必要ですが、アドバイスをする前にできている部分を褒める習慣を持つとよいでしょう。

自主性を大事にする:海外でのレッスンで、「あなたはどう弾きたいの?」と先生に尋ねられて困ってしまったという方もいますが、先生に言われた通りに弾くことに慣れていたためかもしれません。生徒の自主性を引き出しながら、よりよい弾き方を指導するようにすれば生徒の考える力を養えます。

もちろん、万能な教材は存在しないので、他の教材の方がよい生徒もいるかもしれません。例えば、この教材は総合的な力をつけるために丁寧にゆっくり進みますが、もっと速く進める教材が適している生徒もいます。また、この教材は読んだり書いたりが多いですが、もっとピアノを弾くことだけに集中したい生徒なら『新版 みんなのオルガン・ピアノの本』(ヤマハ)の方が適しているかもしれません。選べる教材が多いだけに、指導者も幅広く教材を研究して、臨機応変に使えるようにしておきたいものですね。

スポンサーリンク

楽譜はこちらから

日本語版と英語版があるので、ご購入の際は表紙をよく確認してください!

シンプルで大人向きの初歩用教材をお探しの方はこちらも参考になさってください。

タイトルとURLをコピーしました