シンプルで大人のピアノ学習者におすすめ!『グルリット 初歩者のための小練習曲』

グルリット初歩者のための小練習曲のイメージピアノ練習曲 初級
スポンサーリンク

こんにちは!TeeJayです。最近はピアノ初心者のための教材もたくさん種類があるので、各教材の特徴をよく比べて学習者に合ったものを選ぶ必要がありますね。中でも大人の学習者であれば、かわいいイラストのついたこども用教材よりもシンプルなものを望まれるでしょう。今回はクラッシックスタイルでシンプルな『グルリット 初歩者のための小練習曲』をご紹介します。

スポンサーリンク

コルネリウス・グルリット

グルリットのイメージ

コルネリウス・グルリット(Cornelius Gurlitt, 1820-1901)はドイツの作曲家です。アルトナに生まれ、カール・ライネッケの父ヨハン・ルドルフ・ライネッケに師事、ライプツィヒ音楽院で学びました。アルトナの教会オルガニスト、ハンブルクの音楽院教授等も歴任しました。ピアノ曲だけでなく、歌曲やカンタータ、オペラや交響曲などたくさんの作品を残しましたが、今日では主にピアノ用の初級教材で主に知られているだけです。後半生を日本で過ごした作曲者で指揮者のマンフレート・グルリットの大叔父にあたります。

スポンサーリンク

『グルリット 初歩者のための小練習曲』

グルリット初歩者のための小練習曲のイメージ
『グルリット 初歩者のための小練習曲』(全音楽譜出版社)

『初歩者のための小練習曲』Op.187はピアノの初歩から始めて簡単な曲を弾けるようになるまで、効率的に学べるよう曲が配列されています。54の曲はいずれも短く全体で30ページほどの量です。ピアノ練習に多くの時間を費やせない大人の学習者や自分で少しずつ弾きたい方にもおすすめです。

「初歩者のための」練習曲なので、最初は指番号と位置を覚えることから始まりますが、最後の方ではすっきりとしてかわいらしい曲が登場します。

  • 1〜10番:両手をほぼ同時に動かしながら、ト音記号の音符の位置、指番号を覚えます。
  • 11番から:両手の異なる動きを最初は単純な音から始めて、だんだん難しくしていきます。
  • 24番から:ヘ音記号が登場しますが、混乱を避けるため再び2分音符の練習から!
  • 28番から:ハ長調以外の調性も学びます。(ト長調、イ短調、へ長調、ニ長調)
  • 33番から:短い曲を演奏しながら基本的な技術を身につけます。

スポンサーリンク

収録曲をYouTubeで聴いてみよう!

「初歩者のための練習曲 1番」

(from: PianoFan)

「初歩者のための小練習曲 6番」

(from: PianoFan)

「初歩者のための小練習曲 35番」

(from: MrDucciPiano)

「初歩者のための小練習曲 47番」

(from: Mimia Margiotta)

「初歩者のための小練習曲 48番」

(from: Ilona Prunyi)

「初歩者のための小練習曲 53番」

(from: Ilona Yashkina Daszkiewicz)

いかがでしたか?同じ音形を反復練習するタイプの練習曲ではないので、途中でいきなり難しくなったように感じるかもしれませんが、短い曲なのであせらず少しずつ練習してみるようおすすめします。また、もう少し分量を増やせる方は時折ほかの教材の曲を追加して、楽しくピアノを学んでみてください!

スポンサーリンク

楽譜はこちらから

グルリット作曲の「ガヴォット」や「小さなロマンス」が収録されている「ピアノ名曲150選 初級編』もおすすめです!

タイトルとURLをコピーしました