ジャズとクラッシックの見事な融合!カプースチン『8つの演奏会用エチュード』

ショット社8つの演奏会用エチュードのイメージピアノ曲集 上級
スポンサーリンク

こんにちは、TeeJayです。21世紀に入ってから年々人気が高まり、今や世界中で多くのピアニストがレパートリーに取り入れているカプースチン。残念ながら、2020年7月2日に82歳で亡くなりました。今回は、数あるカプースチンの名曲のうち定番の人気を誇る『8つの演奏会用エチュード』Op.40をご紹介します。

スポンサーリンク

『8つの演奏会用エチュード』Op.40

カプースチン『8つの演奏会用エチュード』ショット版のイメージ

『8つの演奏会用エチュード』Op.40は、カプースチンの曲の中でもとりわけ演奏機会が多く、素晴らしい内容の曲集です。各曲に標題がつけられていて、スウィング、ブギウギ、ジャズ・ロック、サンバ風などそれぞれ個性も異なりますが、通して弾かれることが多いです。難易度は上級以上です。

以前、全音楽譜出版社からカプースチン本人による指番号や詳しい解説が載せられた本が出ていて、価格も安くて良かったのですが、廃番になり中古本にはプレミアが付いています。現在はドイツのショット社からカプースチンの楽譜がたくさん出ています。

『8つの演奏会用エチュード』の収録曲

  • ・第1番 前奏曲(Prelude)
  • ・第2番 (Reverie)
  • ・第3番 トッカティーナ(Toccatina)
  • ・第4番 思い出(Remembrance)
  • ・第5番 冗談(Raillery)
  • ・第6番 パストラール(Pastorale)
  • ・第7番 間奏曲(Intermezzo)
  • ・第8番 フィナーレ(Finale)

カプースチンの作品を弾くにあたって:カプースチンはジャズの語法とクラシックの様式を見事に融合させています。楽譜はクラッシックの書法で書かれ、アドリブのような部分も全て音符で書かれています。しかし、楽譜通りに弾くことに慣れているクラッシックの奏者には難しく感じる部分もあるかもしれません。そのためジャズのリズム(特にスウィングについて)やコードの進行などについて知っておくと良いでしょう。またジャズの演奏を聴いて、その感覚に慣れることも役立ちます。カプースチン自ら演奏している録音も参考にしてみましょう。

収録曲をYouTubeで聴いてみよう!

『8つの演奏会用エチュード』Op.40(全曲)by ニコライ・カプースチン

(from: Precipotato)

『8つの演奏会用エチュード』より 第1番 前奏曲

(from: avex PRcast)

『8つの演奏会用エチュード』より 第2番 夢

(from: Richy6202)

『8つの演奏会用エチュード』より 第3番 トッカティーナ

(from: Yuja Wang – Topic)

『8つの演奏会用エチュード』より 第6番 パストラール/ 第7番 間奏曲/ 第8番 フィナーレ

(from: Wim de Haan)

『8つの演奏会用エチュード』より 第8番 フィナーレ

(from: madlovba3)

いかがでしたか?単なるジャズとクラッシックの融合にとどまらず、独創的で素晴らしい曲ばかりですね。カプースチン自身ピアニストなので、弾くのが難しい曲が多いですが、ぜひチャレンジしてご自身のレパートリーに加えてみてください!

スポンサーリンク

楽譜はこちらから

『8つの演奏会用エチュード』と並んで人気の高い『24のジャズ・プレリュード』Op.53も要チェック!

Kapustinのイメージ

ニコライ・ギルシェヴィチ・カプースチン(Nikolai Girshevich Kapustin, 1937-2020)はロシアの作曲家、ピアニストです。ウクライナに生まれ、14歳でモスクワに移住。モスクワ音楽院でゴリデンウェイゼルにピアノを師事し、在学中にラジオ放送「ヴォイス・オブ・アメリカ」でジャズに出会い、独自の作曲法を試みるようになりました。音楽院を卒業後は、ビックバンドや軽音楽、映画音楽のオーケストラでピアニストとして活動しながら作曲を続け、1984年からは作曲に専念しました。作品番号は161を数えます。

タイトルとURLをコピーしました